このカテゴリーでは、労働基準法等法令に定められている、労働条件の最低基準について説明しています。労働条件は労働契約の内容となるものですから、任意保険の約款のように、基本的には事業主が自由に設定できます。しかし、労働者保護の観点から、労働条件には法律により多くの最低基準が設けられています。法律で定める最低基準を下回る労働条件は、その下回る部分が強制的に無効となり、無効となった部分は法律で定める最低基準にまで引き上げられます。労働基準監督署等の行政機関は、事業場ごとにそこで働く労働者に対する労働条件が法律で定める最低基準を下回っていないか常に目を光らせています。
労働条件の最低基準は、概ね次の事項について法律で定めがあります。

労働条件管理

お気軽にお問い合わせ下さい。050-3615-6122受付時間 10:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら