職場環境配慮義務とは、労働者が、パワー・ハラスメントやセクシャル・ハラスメントなどにより就労意欲を削がれたり、精神障害を発症したりすることがないよう、職場環境を管理する事業主の義務です。近年注目を集めているLGBTといった性的志向や性自認を有する労働者に対する配慮義務も職場環境配慮義務の一部といえる。