有期雇用労働者の均衡待遇に係る不合理性の判断要素については、定年退職前のいわゆる契約社員に係る最高裁判例(ハマキョウレックス事件)と、定年後再雇用の有期雇用労働者(いわゆる定年後再雇用嘱託職員)に係る最高裁判例(長澤運輸事件)により示されています。なお、上記の2つの最高裁判例は共に平成30年6月1日に第2小法廷で判断されており、先ずハマキョウレックス事件について判断が示された後、長澤運輸事件について、ハマキョウレックス事件での判例を引用する形で、判断が示されています。ここでは上に挙げた2つの判例を基に、通常の有期雇用労働者(契約社員)と定年後再雇用労働者(定年後再雇用嘱託職員)について、それぞれ説明します。

通常の有期雇用労働者(契約社員)の均衡待遇に係る不合理性の判断要素

定年後再雇用労働者(定年後再雇用嘱託職員)の均衡待遇に係る不合理性の判断要素